2014年04月21日

Smartyでキャッシュされて(`×´)丿ウザイ!!

開発環境でのSmarty設定
変更しても更新されないからキャッシュを削除


$smarty->force_compile = true;

毎回コンパイルするように設定。
これでキャッシュから読み込まなくなる。

参考サイト
http://d.hatena.ne.jp/cozynooks/20120220/1330409796


ラベル:PHP Smarty
posted by onishi at 17:01| Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

phpの設定 とか使えるようにする

http://www.php.net/manual/ja/ini.core.php

short_open_tag boolean
→(<? ?>) を使用 可能にする

php5.4以降では
<?= も利用可能になるらしい。

知らなかったー(>_<")
posted by onishi at 18:09| Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

GDライブラリのインストール(CentOS)とImageMagickについて

下記コマンドを実行

yum install php53-gd

service httpd reload



本当は速いImageMagick: サムネイル画像生成を10倍速くする方法
http://blog.mirakui.com/entry/20110123/1295795409


ImageMagickを使って画像をリサイズ
http://d.hatena.ne.jp/takami_hiroki/20110224/p1

画像処理ソフトウェア「ImageMagick」の脆弱性
http://codezine.jp/article/detail/5171
ラベル:CentOS
posted by onishi at 14:53| Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

phpセキュリティメモ

2012-02-15 - ぼくはまちちゃん!(Hatena)
5分でできるPHPセキュリティ対策
http://d.hatena.ne.jp/Hamachiya2/20120215

まんが
http://gihyo.jp/dev/serial/01/hamachiya2


動画も
posted by onishi at 15:02| Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

参照渡し・値渡し class

http://d.hatena.ne.jp/cloned/20060510

参照渡し・値渡しの違いは、値が変更された時に初めて起こる

これ、知らなかった。
posted by onishi at 10:11| Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

2012年01月26日

Perlでの開発のしにくさ

http://d.hatena.ne.jp/end0tknr/20090326/1238019086
通常、mod_perl環境で開発する場合、srcの変更毎にapacheを再起動する必要がありますが、Apache::Reload(Apache2::Reload)を使用すれば、変更モジュールを自動的に再ロードできます。


でも、
http://d.hatena.ne.jp/dayflower/20060529/1148900043
Class::Data::Inheritable と相性が悪い


とか

dbicと相性が悪かったりします。


PHPでの開発は楽なんだけどね。

開発に入る前に、仕様きっちり決まってるのなら
perlでも大丈夫だけど。

小さい会社での開発には向いてないんじゃないかなぁ。
なんていったっけ、スパイラル開発手法?だから。
(反復型開発でした)
コアプリートではこれ↑です。

mod_perlでの開発は、たぶんウォーターフォール開発向き。

と、以上、perl開発に対しての愚痴でした。
posted by onishi at 15:41| Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

テーブルのセル内の値を変更する

<script type="text/javascript">
<!--
function setvalue(no,sCode,sName){

document.getElementById("sCode" + no ).value = sCode;
//ここがポイントだった↓ innerHTML が。
document.getElementById("sName" + no ).innerHTML = sName;
}
// -->
</script>
</head>
<body>
<br>

<table>
<tr>
<td align="left">
1:<input type="text" id="sCode1" value="">
</td>
<td class="data" align="left" id="sName1">&nbsp;</td>
</tr>
<tr>
<td align="left">
2:<input type="text" id="sCode2" value="">
</td>
<td class="data" align="left" id="sName2">&nbsp;</td>
</tr>
<tr>
<td align="left">
3:<input type="text" id="sCode3" value="">
</td>
<td class="data" align="left" id="sName3">&nbsp;</td>
</tr>
</table>

<input type="button" value="1に入れる"
onclick="setvalue(1,'コード1','名前1')" />
<input type="button" value="2に入れる"
onclick="setvalue(2,'コード2','名前2')" />
<input type="button" value="3に入れる"
onclick="setvalue(3,'コード3','名前3')"

でオッケー。
すげーみにくいね。
まぁ覚書ってことで
posted by onishi at 11:31| Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

file_get_contentsのエラー処理

ちゃんとしようね。エラー処理。

file_get_contentsにまつわるTIPS
http://havelog.ayumusato.com/develop/php/e188-php_file_get_contents_tips.html

//200以外はサーバーエラーを表示する
$js = @file_get_contents("urlを入れる");
$rcd = strpos($http_response_header[0],'200');
if(!$rcd){
print_r($http_response_header[0]);
}



posted by onishi at 20:55| Comment(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする